タグ:龍村平蔵 ( 3 ) タグの人気記事


★キラッキラ★

b0249661_21435409.jpg


b0249661_21434854.jpg




とあるところで、手に入れたコチラの袋帯(^。^)

金色(こんじき)に光る、唐花風の模様

初代龍村平蔵氏の“大牡丹印金錦”・・・だと思います(笑)

織り落款がなく、断定できないのが残念^_^;

本当に素晴らしい織りの袋帯●



☆検証☆

b0249661_21434262.jpg




実はこの帯、仕立て直され片面のみ(^^)

丸帯はとても重く、締めるなら片面で充分◎

おそらく本物の“大牡丹印金錦”のような気が~

例えばレプリカやフェイクだったとして

コレだけのものを作るのって。。。逆にレアですわ(笑)



あまりの美しさに圧倒されながら

締める着物やお出かけする場所は要検討○

この帯をお譲り頂いた関係者の方々に感謝します♪

ありがとうございました(*^_^*)



いつもご覧頂きまして、ありがとうございます!


↓ にほんブログ村のランキング参加中

クリック頂けると嬉しいです(*^^)v



にほんブログ村


by kumitan2011 | 2017-11-04 00:05 | 着物や帯 | Trackback | Comments(0)


チロ美を飼ってから始めたこのブログですが

b0249661_16555390.jpg




誠に勝手ながら、暫くお休みさせて頂きます。。。

今日までご覧下さいまして、ありがとうございました

心より感謝申し上げますm(__)m



~◇~◇~◇~◇~

昨日はむーちゃんと“日本のおしゃれ展”へ(^^)

夢中になって拝見する、アンティークの数々

雨降りですが、頑張って着物で(笑)

その後刈谷市のkujiraさんで木のおさじを購入~

充実した1日で楽しかったです○



★ヨソイキで★

b0249661_16132592.jpg



b0249661_16133126.jpg




さりげない鼓の汕頭刺繍、付下げ着物(^・^)

上品なティファニーブルーを淡くした感じのお色め

顔映りが良く、シュチュエーションも選ばず●

しつけ付きの未使用品は嬉しいな~

これからも活用したい着物ですね♪



☆私のアンティーク☆

b0249661_16133969.jpg



b0249661_16134651.jpg




記事にできなくて残念でしたが、私のコレクション(^_-)

“龍村平蔵”氏の2点めの丸帯、『南蛮蘭花錦』。。。

同柄が裏表織られて重く、やっとの思いで締め(笑)

いずれは2本にしてお嫁入りさせたいな♪

帯揚げはCHOKOさん、紫×ターコイズの縮緬

帯締めは道明、青緑の唐組でした!



また皆様にお会いできるのを楽しみにしております(*^_^*)


by kumitan2011 | 2017-04-01 16:50 | 着物コーディネート | Trackback | Comments(0)


着物を始めいつの頃からか、憧れになった“龍村平蔵”氏・・・

“美しいキモノ”や“きものSalon”でも特集が組まれるほど

その芸術性の高い帯は、織物技術に造詣が深い証○

まさか私が平蔵氏、しかも初代の作品を手にできるとは(*^^)v

数回に渡り、入手できた帯を紹介したいと思います♪



★憧れの★

b0249661_20451665.jpg


b0249661_20452660.jpg


b0249661_20453825.jpg




私の大好きな龍と虎がにらみ合うさま、アンティーク丸帯

こちらは“推古織り”、特許取得の技術だそう(^_^)

私好み~ふくれ織りの一種だとか●

平蔵氏の帯は、色鮮やかなものが多いのですが

こんなに渋い色&柄行きの作品もあり、驚き!



☆全体図☆

b0249661_20450300.jpg


b0249661_20445430.jpg




まるで絵画のような趣の帯なんです(^_-)

しかも未使用の印、しつけまで。。。

戦前の作品がこの状態の良さ、信じられません!

竹と梅、鳥の姿も見えますね(~o~)

黒に見える部分は黒に限りなく近い深緑◎



▼大事な織り銘▼

b0249661_20444247.jpg




ハイ、お約束の銘でございます(笑)

丸帯なので仕立て直せば袋帯として使えますが

やはりハサミを入れるのは忍びないので

短さを工夫して、このまま締めたいと思います(^・^)

さてさて、どんな着物に合わせましょうか♪



道明の帯締め、青緑の唐組を合わせたいな(*^。^*)



by kumitan2011 | 2017-02-24 00:05 | 着物や帯 | Trackback | Comments(0)